産後用育毛剤 「医薬品」「医薬部外品」の違い

MENU

育毛剤の「医薬品」と「医薬部外品」の違い

育毛剤を既に使ったことがある方や調べたことがある方なら見たことがあると思いますが、育毛剤には「医薬品」「医薬部外品」と書かれいるものもあれば、なにも書いていないものもあります。

 

医薬品の育毛剤がいちばん効果がありそうということはなんとなくわかりますが、この分類はどういう基準で振り分けられているのかがイマイチわかりづらいところでもありますよね。

 

これには『薬事法』という法律が関係していて、含まれる成分によって審査され分類されます。

  • なにも書いていない場合
  •  

    パッケージのどこを見ても「医薬品」や「医薬部外品」と書かれていない育毛剤は化粧品に分類されます。ここで分類される化粧品とは、効能・効果が緩和で、清潔にする・美化する・魅力を増す という商品を指します。
    育毛効果の視点でみるとほぼ効果を期待できないと言っていいですが、その分副作用もありません。

  • 「医薬品」の場合
  •  

    医薬品は病気の治療を目的としたもの。いわば薬なのですが、医薬品の中でも医師が処方する医療用医薬品と、薬局やドラッグストアで購入できるOTC(市販薬・大衆薬・家庭薬)に分かれます。
    ドラッグストアや通販などでなんの手続きもなく買える医薬品は、医師の処方が必要な医薬品と違って軽い症状に用いる目的の物です。
    かぜ薬、胃腸薬、便秘薬、目薬などですね。
    育毛剤も医薬品に分類される成分を含んでいる場合は毛髪用剤として分類されます。

     

    薬なので効果が強いのですが、産後や授乳中の使用は身体に影響が出る可能性があるので禁止しています。

  • 「医薬部外品」の場合
  •  

    ドラッグストアや通販でなんの手続きも必要なく購入できる育毛剤はほとんどがこの医薬部外品です。
    医薬部外品の場合は厚生労働省が効果効能を認めている成分を一定の濃度で配合されている必要があります。

     

    「治療」が目的の医薬品に対し、医薬部外品は「防止」を目的に作られています。

 

産後の抜け毛は一時的にひどい量になりますから1日も早く治せそうな医薬品を使いたいという方も少なくないかもしれません。
でも、たしかに医薬品は治療を目的にしている医薬品ですが、効果効能が強い薬は副作用が必ずありますので産後の場合は使用が禁止されています。

 

医薬品の育毛剤を使えば抜け毛は早く治まるかもしれませんが、出産後の身体というのは自分で思っているより弱っていてデリケートな状態になっています。
弱った身体の状態だと薬の副作用も大きく出てしまいますから、産後の抜け毛の場合は医薬部外品の使用をおすすめします。