産後 育毛剤 いつから

MENU

「いまさら育毛剤を使っても・・」←間違いです

 

インターネット掲示板などを見てみると、「産後に育毛剤をいつから使ったらいいのか」という疑問が多いようでしたのでここで取り上げてみたいと思います。

 

まず結論からいうと、育毛剤を使うのは抜け毛症状が出てからで大丈夫です。
むしろ抜け毛がない妊娠中のうちから育毛剤を使っても産後の抜け毛は予防できません。

 

妊娠中から育毛剤を使わないと間に合わないと思い込んでいる方が多いようなのですが、出産後の抜け毛の場合は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減ってしてしまうことに原因があります。

 

産後の女性ホルモン減少

 

上の資料画像を見てもわかるように、出産時に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が激減することによって髪が抜けるようになりますから、妊娠中のうちから抜け毛を予防することはできません。
むしろ妊娠中はエストロゲンの分泌量が多くなりますから髪が抜けない状態になります。

 

 

余談ですが妊娠中に乳首が黒くなったりするのもエストロゲンの分泌量が増えるからです。


【捕捉】通常のヘアサイクルとは

 

 

通常のヘアサイクルは上記のサイクルを常に繰り返していますが、妊娠中に女性ホルモンの分泌が多くなると「休止期」で活動が停滞し、産後に女性ホルモンバランスが回復してくると「発生期」に移行します。

 

妊娠中に活動が停滞していた分もこのときにいっきに抜けるので抜け毛の量が多くなります。

 

産後3ヶ月目あたりからホルモン分泌量は増えてきます

 

エストロゲンの分泌量は3ヶ月目あたりから徐々に回復してきます。

 

髪の毛と女性ホルモンが密接な関係ということはご存じの方も多いかと思います。
産後3ヶ月目あたりから女性ホルモンの分泌量が増えてくる(元の分泌量ペースに戻る)のですが、ふつうに考えれば女性ホルモンが増えるのだから髪の毛も生えるはずじゃないかと思いますよね?
しかし出産後のケースに限定するとそうではありません。

 

上のヘアサイクルの説明でも書きましたが、妊娠中に女性ホルモンが急激に増えるとヘアサイクルは「休止期」で停滞します。これが出産後3ヶ月くらいから徐々に元の分泌ペースになってヘアサイクルも戻ると脱毛期になります。
停滞していたときに抜け落ちなかった分もいっきに抜け落ちるので、すごく抜け毛が多くなるわけです。

 

つまりなにが言いたいのかというと、その抜け毛は正常な状態に戻った証拠。
ヘアサイクルが正常に戻るということは、なにもしなくとも妊娠出産前の状態・髪の量に戻るんですよということです。

 

 

一時的な抜け毛ですが深刻な薄毛に発展するケースも

出産を経験した女性のほとんどが悩む産後の抜け毛ですが、出産したら髪が薄くなってしまうわけではなく、みなさんなにもせずとも元の髪の量に戻ります。

 

しかし、中には産後の抜け毛がいつまで経っても治らないという人も少なからずおられます。
これは、出産がきっかけとなって他の要因での抜け毛に発展してしまったケース。

 

赤ちゃんが生まれて家族が増えるのは喜ばしいことですが、出産前に比べると生活環境や生活スタイルがガラっと変わりますよね。
赤ちゃんの夜泣きなどは当事者にとっては大きなストレスになりますし、環境変化が原因で夫婦不仲になったりするケースもあったり。
心当たりのある方もおられるのではないでしょうか?

 

これらストレスは髪にすごく悪い影響を与えます。

 

 

「ストレス程度で?」と思われるかもしれませんが、病気の原因のほとんどはストレスといっていいほど私達人間にとってとても密接な関係です。

 

 

生え際部分に抜け毛が集中していませんか?

ストレスは病気の原因になると書きましたが、このストレスは血流を滞らせるほど強力な作用があります。
全身に張り巡らされている血管、動脈のように太い血管もあれば繊細な毛細血管もあるわけですが、頭部の前頭部は血管がとても少なくて、しかもすごく細いです。

 

この前頭部は髪の毛でいうと前髪の生え際部分にあたります。

 

産後の環境変化などで慢性的なストレスを受けると、生え際部分の血流が滞りがちになって栄養を血流から吸収できなくなった毛根部分は、健康な髪の毛を育むことができなくなってしまい慢性的な抜け毛につながります。

 

出産後1年以上経っても抜け毛が治まらないという場合は、この状態に陥っている可能性があります。

 

 

1日も早く抜け毛を止めるためのピンポイントケア

ストレスが原因で前頭部の血流が滞るせいで前髪の生え際部分の抜け毛が増えると説明しました。
血流は髪の毛が生成されるために必要な栄養を毛根部分に運ぶという重要な役割がありますが、これが滞ってしまっているのですから髪の毛が抜けるだけでなくバサバサで腰がなくなったり切れ毛が増えたりします。

 

この髪の毛の栄養失調状態をストップするためには、不足している栄養の補給が急務です。

 

栄養摂取方法は食事の改善や育毛シャンプーなどもありますが、おすすめなのは頭皮に直接塗れるタイプである育毛剤です。

 

食事から摂る栄養のほとんどは排泄されますし、シャンプーも洗った後にすすいだ時、育毛成分のほとんどは流れ落ちてしまいますが、育毛剤の場合は直接塗布するため頭皮や毛穴にとどまって栄養が浸透しやすいという特性があります。

 

育毛剤のなかでも、産後の髪に不足する栄養に着目して開発されたものがあります。
成分や価格などはそれぞれ違うので、それぞれの特徴をしっかり見てみると良いでしょう。

 

 

産後、育毛剤はいつから使うべきか

出産後のホルモンバランスの乱れが原因の抜け毛も血流が原因の抜け毛も、共通しているのは「髪の毛が栄養失調になっている」ということです。

 

ということは、いつから育毛剤を使えばいいのかという疑問は晴れますよね。
髪の毛が抜け始める前から使い始めれば、その後抜け落ちた後に生成される髪の毛の健康につながります。

 

しかし、ケアを始めるタイミングに遅いということはありません。
今現在が出産後どのくらいなのかはママさんそれぞれで違うと思いますが、ケアをしなければいつまで経っても改善しない可能性もありますから思い立った今から始めることが1日も早い改善につながります。

 

 

おすすめの育毛剤

産後ママ・プレママさんの抜け毛症状を研究して開発された育毛剤「マイナチュレ」。
このマイナチュレは、無添加なのはもちろんのこと髪の毛に不足している栄養を補う成分が豊富に配合されています。
※27種類の天然成分・10種類のアミノ酸を配合。

 

毎日食べ物を食べ続けなければ餓死してしまうように、髪の毛も毎日食べ続ける(栄養摂取し続ける)ことができなければ枯れてしまいます。産後のホルモンバランスの乱れによってあらわれる代表的な髪の症状は抜け毛ですが、切れ毛やパサツキ、ウネリを感じているなら栄養補給をすぐにでも始めてみてください。

 

厚生労働省が認めた医薬部外品の育毛剤
今月末まで限定価格 1本980円

 

>> マイナチュレ育毛剤 公式販売ページはこちら