産後脱毛症とは?(原因・メカニズムについて)

MENU

産後脱毛症とは?(原因・メカニズムについて)

女性が子供を出産した後、多くの人は髪の毛が抜けてしまうことがあるので、とても不安に感じてしまいますよね。なぜなら通常の場合、女性の髪の毛が抜けやすくなるということはあまり無いことだからです。そして出産後に女性の髪の毛が抜けやすくなることを産後脱毛症と言います。そこでなぜこのようなことが起こるのかというとその原因は女性ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。

 

女性ホルモンのバランスはなぜ崩れてしまうのか?

産後脱毛症の原因である女性ホルモンのバランスの崩れはなぜ起きてしまうのかというと女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの二つがあるのですが、妊娠をしている時はプロゲステロンの量が多い状態となっています。そして出産をすると通常の状態に戻るためにエストロゲンが急激に増加をすることになり、これによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことになります。そのため妊娠している時の女性ホルモンの状態から通常の状態に戻るまではどうしてもアンバランスになってしまうので、抜け毛が多くなってしまうのはごく自然なことであると言えます。

 

産後脱毛症が起こる時期は?

産後脱毛症は子供を出産してからどのくらいの時期に起こるのかというと個人によって少し差がありますが、平均的に出産をしてから2か月後に髪の毛が抜け始めることが多いです。そして半年前後に抜け毛の量が一番多くなり、1年が経過すればほとんどの人は抜け毛が治まってきます。そのため出産をしてから1年間は上手に産後脱毛症と付き合っていくことが大切になってきます。