プロペシア 産後

MENU

プロペシアは産後抜け毛の改善効果があるのか

プロペシア(フィナステリド)は脱毛症の飲み薬として有名ですが、AGA(男性型脱毛症)の薬です。
妊娠中や授乳中の場合はもちろん、女性が使うことは禁止されています。

 

さらに、錠剤の取り扱い注意点として、コーティングが剥がれたプロペシアの錠剤を妊婦や授乳中の方が触れるだけでも危険というほどです。
旦那さんがプロペシアを使用している場合、妊娠中はもちろんですが、産後も使用を控えてもらうべきでしょう。

 

ママさんが直接プロペシアに触れなくても、万全を期すという意味でです。

 

どんな影響があるのか

プロペシアは、男性経由(主に精液)で受精した場合でも胎児への影響が甚大です。
奇形児や障害をもった子供が生まれる可能性があります。
胎児が男児の場合は、生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす可能性があることも指摘されています。

 

プロペシアに含まれているフィナステリドは男性の薄毛には育毛効果の大きい薬ですが、それほど影響力の強いものなのです。

 

プロペシアに限らず、授乳期間中の場合は卒乳するまで薬の服用は控えましょう。

 

プロペシアは産後抜け毛の改善効果があるのか関連ページ

女性ホルモンが原因の産後抜け毛におすすめの育毛剤